葉酸

なぜ葉酸を摂取した方が良いのか?

【葉酸とは】に続いて「なぜ葉酸を摂取した方が良いのか?」が疑問になります。
葉酸が不足すると悪性の貧血や赤血球障害、口内炎、舌炎、下痢、食欲不振などの症状が現れます。

 

近頃は特に妊婦さんに葉酸サプリメントが飲まれています。
妊娠するとビタミン類が多く必要になるのですが特に葉酸が必要になります。葉酸は「神経管閉鎖障害」のリスクを低減すると呼びかけられているのです。
神経管閉鎖障害とは脳や脊椎を形成する神経管が妊娠前期に正常に形成されないことによっておこります。
葉酸の摂取だけで予防できるとは限りませんが、2000年には厚生労働省が妊娠を計画している女性に対し1日当たり0.4mg以上の摂取を推奨しています。
厚生労働省は食品からの摂取に加えて、サプリメントから1日0.4mgの補給を勧めています。
巷で女性に葉酸サプリメントが注目されているのは厚生労働省が推奨しているからなんですね。

 

ただ大事なのは、葉酸サプリメントを飲む正しい時期です。葉酸サプリメントは妊娠してから飲むわけではありません。先天性異常の多くは妊娠直後から妊娠10週以前に発生するので、妊娠1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月の間の摂取が勧められています。なので「妊娠を計画している女性」と呼びかけているのですね。

 

もちろん普段からバランスの良い食事が大事ですが水溶性のため調理で分解してしまうために、補助でサプリメントが必要です。でも、サプリメントもたくさんの種類があるのでどれを選んで良いのか分かりません。
そこで、続いて【いろいろな葉酸サプリメント】を紹介します。