葉酸

葉酸は妊娠前から摂ろう!

一般的に「妊婦さんは葉酸を摂る」と思われがちです。
よく「妊娠さんは葉酸を摂ろう」というポスターも病院で見かけます。
でもそれは間違いです!
葉酸は妊娠前から摂取しないと意味が無いのです!
そして妊婦さんでも本当に初期の0週から12週の頃の摂取が一番大事なんです。

 

なぜかというと、それは「葉酸」の働きが関係しています。
そもそも「葉酸」とはビタミンB群の一種でビタミンB6やビタミンB12の仲間です。
そして、葉酸はDNAの合成に深く関わっている栄養素で、正常な細胞の増殖を助ける働きがあります。
この働きから妊娠前〜妊娠初期の胎児の細胞分裂が最も盛んな時期に摂取が必要です。
正しい時期の葉酸摂取で胎児の神経管閉鎖症など、先天性異常が低減すると言われていて、厚生労働省も妊娠を予定している女性に葉酸摂取を呼びかけています。

 

しかし、妊娠に気付いて病院に行くと3ヶ月(12週くらい)になっている事が多くあります。
この気付かなかった時期が、一番胎児の細胞が成長する時期で葉酸を摂取した方が良い時期なんです!
「妊婦の葉酸摂取の必要性」などが、2002年4月以降の母子手帳に記載されていますが、妊娠が発覚し母子手帳をもらった時、すでに妊娠12週頃になっていたら意味がありません。

 

つまり、妊婦さんに葉酸摂取が呼びかけられていますが、本当に必要な時期は妊娠10ヶ月の間のたった3ヶ月間くらい(0週から1週ころまで)です。
0週で気付く人は少ないと思います。
妊娠前から本当に必要な時期を逃さない葉酸摂取をお勧めします。