葉酸

うつ病予防に葉酸!?

葉酸がうつ病と関係があるって知っていますか?

 

一般的に葉酸は妊活女性が摂取するものだと思われていました。

 

ところが葉酸は妊活・妊娠時だけでなく、うつ病の予防にも大きな働きがあると研究データから実証されています。

 

ある研究ではうつ病を患っている方の1ヶ月の食事を調査したところ、約8割の方の葉酸不足がみられたそうです。

 

また、葉酸を日ごろから摂取している方と摂取していない方を比較すると、摂取している方のほうがうつ病の症状がみられなかったという報告があります。

 

近頃では心療内科でも薬を処方する前に栄養バランスを見直すところもあったり、葉酸摂取をすすめるところもあって、抗うつ剤のみと葉酸を一緒に摂取した場合とでは薬の効果が抗うつ剤のみだと6割だったのが、葉酸を一緒に摂取すると9割に上がったという結果が出ています。

 

 

元々ビタミンB群の不足とうつ病の関係性は知られていますが、葉酸はビタミンB群の一種で気分を落ち着かせて健康的な神経システムを保つ働きがあるので注目されています。また同時にビタミンB12やビタミンB6も摂ると良いです。

 

葉酸は栄養素のひとつで摂取する簡単な方法がサプリメントなどになりますが、病気を治すものではありません。

 

しかし、それぞれの栄養素には様々な働きがあり、葉酸摂取はうつ病予防にも効果があるそうなので、普段からの食生活を見直したりして栄養バランスを意識し、積極的に葉酸を摂取してみるのも良いかもしれません。