葉酸

野菜嫌いでも葉酸を摂取できる!

ほうれん草の葉から発見された「葉酸」は野菜に多く含まれていますが、野菜をなかなか食べることが出来ない人でも食事から葉酸を摂取する方法がいくつかあるので紹介します。

 

まずは「お茶から摂取する」方法です。
葉酸はお茶にも含まれていて、煎茶や抹茶にも含まれていますが、特に緑茶の玉露には多く含まれています。
お茶に含まれている葉酸の量はあまり多くないですが、毎日飲めばある程度の量は摂取出来ます。

 

次は「海苔類で摂取する」方法です。
海苔には葉酸が非常に多く含まれています。普段、海苔自体をたくさん食べる事は無いかもしれませんがおにぎりにして食べたり、嫌いじゃなければそのまま食べても良いです。味付け海苔でも良いですが、塩分があるので妊婦さんなどは焼き海苔の方が良いです。
熱に弱い葉酸も海苔ならそのまま食べられるので効率よく摂取出来ます。
また、海苔は葉酸だけでなくミネラルやマグネシウムなども含まれているためお勧めです。

 

他にも「豆類で摂取する」方法があります。
豆類にも葉酸が多く含まれていて、一番お勧めは納豆です。
きな粉が葉酸の含有量が多いのですが、一度の食事で摂れる量が限られてしまいます。
納豆なら一度の食事で多く摂取出来ます。

 

「卵で摂取する」方法もあります。
卵も葉酸が含まれていて、特に卵黄に多く含まれています。
調理して加熱すると含有量が減少してしまうので、卵かけご飯など生で食べると効率よく摂取出来ます。

 

このように、野菜の苦手な人でも葉酸を摂取する方法があります。
自分に合った無理のない摂取方法で摂ってみてはいかがでしょうか。