葉酸

葉酸の摂取量について

妊娠を計画している女性は葉酸の摂取が推奨されています。
母子手帳にも葉酸の必要性が書かれていたり、病院にも葉酸の積極的な摂取を呼びかけるポスターが貼ってあったりします。
欧米諸国では妊娠可能な女性に対し、神経管閉鎖障害の発症リスクの低減のために葉酸摂取量を増加させるべきであると勧告していて、日本でも2000年に厚生労働省が妊娠を計画している女性や妊娠初期の女性に推奨しています。

 

しかし、たくさん摂取すれば良いと言う訳ではありません。
葉酸の過剰摂取は胎児に悪影響を及ぼす可能性や亜鉛の吸収が阻害される可能性、ビタミンB12欠乏の診断を困難にするなどの報告があることから、1日1mg(1000マイクログラム)を超えないようにと注意を呼びかけられています。

 

普段食品から摂取する場合に葉酸の過剰摂取になることはほとんどありませんが、サプリメントで補う場合は注意が必要です。

 

厚生労働省の推奨では食品のほかにサプリメントで1日0.4mg(400マイクログラム)の摂取を呼びかけています。
サプリメントは粉末のものや錠剤のものまで種類がいろいろあるので、含有量をよく見て1日に摂取する量を確認しておく事が大事です。

 

葉酸に限らず何でもそうですが正しい摂取量でなければいけません。
上記にもあるように「葉酸を食品のほかにサプリメントで0.4mgの摂取」と勧められています。
たくさん摂れば効果が上がると言うわけではありません。
摂りすぎは悪影響になる場合があるので1日の摂取上限量を知っておくと良いですね。